AMENITY BUSINESSアメニティ事業

水回りを、いつも清々しく。
ユージー技建では、顧客サービスの一環として、
高圧洗浄機を使った排水管の清掃サービスを開始。
いつまでも気持ちのよい清潔な水回りを保っていただけます。
水回りが快適になる、清掃サービスを開始!
ユージー技建が顧客サービスの一環として行う、排水管の高圧洗浄サービス事業が、2016年1月よりスタートしました。弊社で住宅を建てられた方、リフォームされた方はもちろん、店舗やビルなどの大きな建物の水回りの清掃も行います。最新の高圧洗浄機を使い、台所・洗面所・洗濯排水・お風呂などの排水管の油汚れ、ヌメリや異物などをきれいに取り除きます。このサービスは、ユージー技建に関わるお客様に、いつまでも水回りを快適に、気持ちよく笑顔で暮らしてほしい、という願いから始まりました。
また水回りの清掃のついでに、洗面所やバスの修繕やリフォームを検討したい…というお困りごとも、お気軽にご相談いただけるのも弊社の強みです。

サービス内容

●最新式の高圧洗浄車でしっかりと洗浄。排水管のつまりを解消し、嫌な臭いや虫などを予防します。
●作業時間の目安は30〜50 分です。
●室内は養生をしておこないます。

#
#


あなたの家の排水管もこんなに汚れているかも。でも排水管洗浄って必要なの?

「自分で掃除できる所だし、市販の薬品も流している、アパートやマンションじゃないから必要ないでしょ。詰まった時に呼べば良い。」

多くの方はこのように考えていると思います。
でも待ってください、普段目にしない場所だからこそ、トラブルが潜んでいます。
(写真は洗面配管内に付着した汚れです。)

#

「自分で掃除しているから必要ない」

確かに排水口までは掃除ができますが、排水管の中はどうでしょうか?管内は油脂・厨芥等が、建築物の経年とともに付着、沈殿する為、流出能力の低下・悪臭・害虫の発生及び配管の腐食の原因にもなります。


「市販の薬で十分」

排水管のつまりを未然に防ぐ方法には市販のパイプクリーナーを使う方法がありますが、汚れの程度や質度によっては、一時的な応急処置にしかならず、パイプ内の汚れを完全に除去することができません。またパイプに付着した汚れは、年数が経つと固く変質することもあります。こうなると排水パイプの奥に薬液が届きにくく奥の方に汚れが蓄積したままになっている可能性があります。この変質した汚れは市販のパイプクリーナーを使っても分解は難しいです。強力なパイプクリーナーもありますが管を傷めることもあります。


「集合住宅ではないから必要ない」

上記のように戸建住宅でも詰まる可能性はあります。詰まりぬきという部分処理だけでも3 〜5万と、高額な料金が発生します。もし配管を取り替えるとなるとかなりの費用が掛かります。 また2 階にキッチンがある方は特に注意が必要です。排水管が詰まると2階からの漏水につながります。天井クロス・床・壁・補修工事等で、数十万に及ぶ費用がかかる場合もあります。


トラブル予防に定期的な排水管洗浄が効果的です。

排水管内部は毎日の生活で出る汚れが付着し、腐り・バクテリアが繁殖して管内の汚れを厚くし悪臭・排水流れを徐々に悪くしていきます。生活上での衛生的環境づくりやトラブル予防のためにも年に一度の定期洗浄をお勧めします。


弊社では「高圧洗浄機」ではなく「高圧洗浄車」を使用しています。高圧洗浄車は高圧洗浄機の約10 倍の水量が出ます。この水量の差で高圧洗浄機や薬品などで落とせなかった汚れを粉砕・剥離させ排水管内の付着物を取り除き、汚れを残さない洗浄が可能です。作業に使う洗浄ノズルは管を傷めにくいウレタンノズルを使用しています。


作業手順

❶準備

ユージー技建の排水管洗浄では、屋内・屋外両方の配管を洗浄するため、屋内の床や廊下などホースの通り道を保護(養生シート)をします。

# # #

❷屋内の洗浄

洗面・台所・浴室・洗濯機の排水口を洗浄します。排水部に水漏れがないか?接続部のネジが緩んでないか?などを確認して作業を行います。通常は排水口から洗浄ノズルを入れて洗浄しますが、蛇腹ホース等を外して洗浄する場合もあります。

# # #

❸屋外の洗浄

屋内の清掃が終わったら、保護(養成シート)を外して屋外の洗浄に移ります。洗面・台所・浴室・洗濯機の排水に関する桝(ます)から最終桝(ます)までを洗浄します。

# # #

❹完了

全ての排水管の洗浄が終了したら排水桝の蓋を閉めて作業完了です。

#

施工事例

施工事例 O 様邸

長年蓄積された油まみれの桝を洗浄。キレイになりました。
本来の姿になり排水も良好になりました。

#

施工事例 K 様邸

桝につながるL 字排水溝には汚れが詰まっていました。
すっかりキレイになり嫌な臭いもなくなりました。

#