STORE & OFFICE建築事業/店舗・オフィス

WORK INFORMATION サービス付高齢者向け住宅 グランエリプス北長瀬

設計上最も重視した点は 各居室の「全方位眺望」と「静寂空間」の確保でした。屋上空間を回廊式にする事で入所者の「歩行や筋力訓練」に寄与する事も狙い、平面を楕円形にしています。これには「玄関から広がる開放感」と「長方形の敷地内に建物を配置」する事や館内に設置される「階段室の必要有効幅の確保等」のニーズに応える回答でもありました。また、置床下のスラブは 構造スラブの上にグラスボードを敷詰めて押えコンクリートを打設する事で上下階への「振動と騒音の伝達低減」と住戸間の間仕切壁にグラスボードを充填し、10㎜の空気層を持つ二重壁構造とする事で「静寂性の確保」の両方に満足頂ける施設となっています。

用途共同住宅階数地上5階
建築面積839.78m2総合監修ユージー技建株式会社
延べ面積3,581.93m2設計アイ・デザイン株式会社 株式会社手塚建築研究所
構造鉄骨造施工ユージー技建株式会社

一覧へ戻る